知研学院 天外プリンシプル

1. 観察し洞察する知研学院

◦ 一般社会での知研学院の役目を検証し期待される

◦ 研究者、所員は生命体可能性の重要性を表現表示する



2. 全体観から部分観へ俯瞰力の強化。キャリアへの自信。

◦ 知研学院の研究精神の継承・発展

◦ 研究員の人間性と臨場感のある知的情報を重視。

◦ 「知研学院プリンシプル」「知研学院ワラント」「知研エビデンス」の実証生の存在

◦ 知的財産化機能を強化、大学教育・社会教育に貢献、一般心理学、カウンセリング施術機関への貢献



3. 研究者がやる気を出せる知研学院

◦ 現象から本質を見抜く論理性

◦ ミクロ現象の確認による優しさと慈しみ

◦ 存在の理解と価値の確認、人としての絆と生命の目的観への推進的な同化への誇り、テーマとそのシナリオの再創造との誉れ高き関係性の重視。



4. 経済的な創造をも視野に入れる知研学院

◦ 産業・社会との融合連携

◦ 文明社会を支える科学技術(大学、産業では見えないスコトーマ部分)

◦ 各種教育企業への技術提供

◦ 共育アミューズメントを通してのプログラムの制作

◦ IT関係への提携での世界ネットワークリーディングの実施



5. 医療:芸能:スポーツに貢献する知研学院

◦ 創造的な意思のもつ摂理のインターフェースを見える形にする事での、医療的な貢献と可能性。

◦ 芸能芸術での表現力や集中力の科学的なメソッドの提供することでの、真の文化性への期待と可能性。

◦ オリンピックや世界的な競技会への最大限の貢献と指導者への情報発信。
コーチングテクニックの再創造、ライフ・プロセス・ミッションリーディングのエキスパートへの情報発進。

月〜金10:00〜18:00(定休日 土日・祝・年末年始)

 052-223-0302